Menu

解体工事業について

Home

福岡・久留米・朝倉・佐賀鳥栖 | 解体工事業許可申請サポート

解体工事業について

解体工事業について

国土交通省が、1971年から続けてきた28業種の建設業許可区分を43年ぶりに改め、
29番目となる「解体工事」の業種新設を決めました。
そして、平成28年6月1日、実際に解体工事業の許可があらたに追加されています。

これにより、これまでは1件500万円以上の解体工事を実施する場合、
「とび・土工・コンクリート工事」の許可があれば可能でしたが、
現在では許可にかかる経過措置も終了し、「解体工事」の建設業許可取得が必要となりました。
したがって、まだ「業種追加」などの手続きがお済みでない場合は即急にこれらの処置が必要です。

これからの解体工事業に求められること
今回の解体工事業の新設には、
 ①工事中の「重大事故の発生防止」につながる
 ②「環境負荷低減」の効果が期待できる
 ③規制強化の影響や社会的負担を考慮しても「適正な施工の確保」や「社会的課題」に顕著な効果が見込まれる
 ④「技術が専門化」し、対応する「技術者資格等」も設定できる
 ⑤ある程度の市場規模があり、今後も「工事量の増加」が見込まれる
などの背景があるようです。

そのため、対象となる建設業者には今後次のような取り組みが求められると思われます。
 ・工事安全対策の強化
 ・分別やリサイクル対応の徹底
 ・アスベストの飛散防止措置
 ・社会保険の加入の徹底
 ・解体施工技術の向上

今後の許可取得や競争激化に向け、今のうちから請負契約書等の書類整備や従業員の教育、
社会保険への加入などの諸問題解消に取り組まれるのが得策であると言えるでしょう。

解体工事業の許可申請に関するお問い合わせ
行政書士 安川法務事務所
Eメール←こちらをクリック
電話 0946‐42‐0496

業務対応地域

(都道府県)
福岡県、佐賀県

(福岡県市区町村)
朝倉市、筑前町、筑紫野市、太宰府市、春日市、大野城市、那珂川市、小郡市、大刀洗町、久留米市、うきは市、東峰村

(佐賀県市町村)
基山町、鳥栖市