Menu

在留期間更新時の注意

Home

在留期間更新時の注意点 その①

外国人夫婦の在留期間満了日が近い場合の注意点

例えば、「技術・人文知識・国際業務」の資格で在留する男性と、
「家族滞在」の資格で在留するその奥さんの在留期間満了日が同じ日もしくは近い日だとします。

そして、期間満了日が近づいてくれば、まず当然に、男性は期間満了日の前に
在留期間更新許可の申請をすることになります。

奥さんの方は、男性の更新許可が下りた後に手続きをしようと考えます。
ですが、その男性の更新許可申請をしている間(更新の許可が下りる前)に、
奥さんの在留期間満了日が迫ってきたとしたら、
この場合、先に奥さんの在留資格更新許可申請を行なう必要が出てきます。

男性は既に申請を済ませていますので、少なくとも在留期間満了日を過ぎたとしても
2ヶ月間は適法に滞在が出来ることとなっています。
ですが、奥さんの方は何の手続きもしていませんので、
男性の更新許可が下りるのを待っている間に自分の在留期間満了日を過ぎてしまえば、
その時点で不法滞在ということになってしまうからです。

申請を済ませた方の2ヶ月の特例は、あくまでも個人に適用されるもので、
この場合の奥さんには適用されませんのでこのようなケースでは注意が必要です。

このページと一緒によく読まれているページ

 外国人関連手続き        在留資格の「経営・管理」(旧「投資・経営」)